美観+防犯、音響もカバー 専門性と総合力兼ね備えた「ビーパックス」京都市右京区

ショップ探訪記

技術・製品へのこだわり、クルマ・モノへの愛、カーオーナーへの想い…。お店選びの参考に、はたまたディテイリングの奥深い世界に触れるだけでも、全国津々浦々、多彩なショップを覗いてみてはいかがでしょうか。

シートカバーや各種電装も!

特にここ日本では「ディテイリング」という言葉自体に厳密な定義がなく、それゆえに「ディテイリングショップ」の枠組みもやや不明瞭な部分があります。そんな中で京都市右京区にあるビーパックス(京都市右京区、井上和也代表)は、ディテイリング専門店としての品質を誇る美観サービスを中心としつつも、美観の域を超えた豊富なカーサービスを展開。そのサービスの幅広さや品質、入店しやすい店構えは、業界トップクラスのディテイリングショップであると同時に”総合的なカーショップ”とも呼べる程で、コーティング1つとっても「地元ディーラーで新車を購入したらビーパックスでコーティングを」というリピーターも少なくなく地元京都を中心とした多くのカーオーナーに支持されています。

コーティングやカーフィルムといったディテイリングの定番メニューでは、国産/海外の老舗から先進ブランドまで幅広いプロ用アイテムを取り揃え、各サービス専門スタッフによる丁寧に施工を通じて多様な顧客ニーズに対応。通常カー用品店などでの取り扱いが多い車種専用設計が魅力のシートカバー「ダティ」も取り扱っています。

これら美観サービスに加えて同社の特徴なのが各種電装パーツの取り扱いです。特にオーディオとカーセキュリティは施工実績も豊富で、整備士資格を保有する専任スタッフが在籍し、複雑にコンピュータ制御されている最新の車両にもしっかりと対応。美観、防犯、運転時の快適性と、多角的なアプローチで”ワンランク上のカーライフ”を叶えてくれるショップです。

  • 幅広いサービスメニューを誇るビーパックス
  • 海外のセラミック系から国内老舗ブランドまでコーティングだけでも豊富なメニュー
  • 高い品質が特徴の車種専用設計シートカバー「ダティ」
  • コーティング:G’ZOX(ジーゾックス)/Gtechniq(ジーテクニック)/D-PRO(ディープロ)FEYN LAB(ファインラボ)…など
  • カーフィルム:IKCS(ルミクール/シルフィード)/コボテクト/スリーエム/ブレインテック(ゴーストシリーズ)/リンテック(ウインコスシリーズ各種)…など
  • インテリア:DOTTY(ダティ、シートカバー)/YAWARA(ヤワラ、レザーコーティング)…など
  • オーディオ:デッドニング、スピーカーやウーファー各種取付…など
  • セキュリティ:セキュリティ機器販売・取付(CLIFORD(クリフォード)/Grgo(ゴルゴ)/VIPER(バイパー)/Panthera(パンテーラ)など)/防犯フィルム/ハンドルロック…など
  • その他:代車・積載車あり

店舗でもウェブでも丁寧なコミュニケーション

各種ディテイリングから電装関連まで幅広いサービスを手掛けるビーパックス。一方で、例えばコーティング1つとっても技術認定店しか取り扱えないプロ用ブランドを複数取り揃えるなど、それぞれのサービスに強いこだわりと高いクオリティを備えています。そして、そうした自社の各種施工サービスに関する情報をユーザーに向けて丁寧に発信していることも同社の魅力の1つでしょう。

店頭では、施工スタッフとは異なるフロント専門スタッフが温かく接客。居心地の良い明るい店内にはカーフィルムの体験器をはじめ幅広いアイテムが陳列され、知識豊富なスタッフがサービスの利点や注意点を丁寧に解説してくれます。美観にしても電装にしても顧客の状況・ニーズに応じて最適な製品・サービスが異なる世界で、接しやすく知識豊富な同社スタッフは、多くのカーユーザーの高い満足を引き出しています。

  • 明るく清潔感に溢れる店内接客スペース

また、店舗内での接客に加えてウェブサイトでの発信も特筆すべきポイント。近年では自社ウェブサイトを運営するショップも珍しくありませんが、小規模運営のショップが多いこともあり、継続的にかつ詳細な情報発信をしているところはそう多くありません。その中で同社では長年にわたり、様々な車両への施工実績を中心に各サービスの利点や特性をブログで発信。プロ用製品のマニアックな情報も分かりやすく解説されています。

コーティングやカーフィルム、セキュリティ、オーディオまで、幅広い車種と製品の組み合わせが蓄積されているので、直接同社へ持ち込めないカーオーナーも参考までに覗いてみてはいかがでしょうか。

ビーパックスのブログ

自動車業界人としての矜持

店舗での接客、継続的なブログ運営に加え、同社におけるもう1つの”情報発信源”が井上代表自身です。

井上代表は自身のクルマ好きが高じ、IT関連の会社員から脱サラして1992年に創業。カーフィルムやコーティングを軸に取り扱いサービスや事業規模を拡張し、豊富なサービス、製品・施工の高い品質、丁寧な顧客対応と走攻守揃った今のビーパックスを一代で築き上げました。

日本におけるディテイリングサービスの一線を走り続けてきた同氏ゆえに、その道中ではコーティングのプロらで構成された組織の設立に参画したり、カーフィルムの業界団体「日本自動車用フィルム施工組合(JCAA)」で理事を務めたりと業界内でもキープレイヤーの1人として注目されています。

特にカーフィルムにおいては、20年近くにわたってフロント3面への合法的な施工の啓蒙活動に注力(法規定の詳細はコチラ)。自社近隣ディーラーに対するカーフィルムへの理解醸成をはじめ、JCAAを通じた業界への啓蒙や国土交通省をはじめとした行政への働きかけなど活動は多岐にわたります。近年では、業界内でも是非の議論を巻き起こしたゴーストをはじめとした発色系やオーロラ系とも呼ばれるフィルムを、「プロショップだからこそ、製品を排除するのではなく合法的な施工を提供してユーザーニーズを満たすべき」として早い段階から取り扱い始め、メーカーとも協力してカーフィルムの一層の普及に邁進しています。

  • クルマ好きが高じ、脱サラして創業した井上和也代表

こうした井上代表の活動の根源は「ユーザーの権利を守る」という想い。そして「自動車業界の一端の従事者として、単純にコーティング施工が上手いなどというだけでなく、『走る・曲がる・止まる』といったクルマの基本を理解し、クルマの文化的側面を残していきたい」という自動車業界従事者としての矜持です。

最近では、長年サポートしているレーシングドライバーや地元メディアとともにyoutubeでの動画配信にも精力的に取り組む井上代表。ディテイリングの定番から各種電装までを揃える幅広いサービスメニューだけでなく、丁寧な情報発信や顧客対応、“ディテイリング”に固執しない井上代表のクルマ観など、あらゆる点で井上代表が自負する「トータルカーショップ」という言葉の意味を感じ取るとこができます。その間口の広さ、懐の深さが、洗車マニアや高級車オーナーはもとより、ディテイリングには関心薄いけどカスタムやスポーツ走行を楽しむクルマ好きや、クルマ自体へも興味はないけれど日常を快適にしたいという人など、多彩な層のカーユーザーを呼び寄せているようです。

ショップ名ビーパックス
住所
アクセス
〒615-0878 京都府京都市右京区西京極北衣手町60
京都市バス西京極午塚停留所そば
電話番号075-312-8868
営業時間10:00〜19:30(日曜:10:00〜18:00)
定休日祝日
ウェブサイトhttps://www.b-pacs.com

CARDE編集部

90年代前半から東京都下でショップを営むプロディテイラーと元業界紙記者のコンビ。“現場のリアルな視点”と“客観的な情報編集力”でカーユーザー第一の情報をお届...

プロフィール

関連記事一覧